夏休みにバイトの面接を受ける時の必勝法とは?

短期のバイトではすぐに仕事を覚えられることが重要

学生さんが夏休みだけバイトで稼ぎたいと思うなら、一ヶ月だけの短期バイトになりますよね。たとえば、海の家などで働くバイトもありますが、面接をクリアするにはとにかく元気な雰囲気をアピールしましょう。そして、海の家の食事のメニューなどを素早く覚えられる能力があれば、どこでも重宝がられます。逆に、なかなか仕事を覚えられない人は短期バイトでは歓迎されません。そういう人は、プールの監視員などの仕事に応募してみるのもいいですね。

そのバイトにやる気があるという姿勢を見せよう

夏休みの短期バイトといっても、正社員のスタッフと同じような仕事をさせられることもあります。ですから、どのような仕事でも対応できるといった積極的な姿勢をアピールすることが大切です。とにかく、質問をしてみても声が小さくて何と言っているのかよく分からないようでは、雇う方も不安になってしまいます。明るくハキハキとしっかりした受け答えができれば、雇う側にも安心感が生まれます。さらに、どうしてもこのバイトをやりたいんだ、というやる気を感じさせることも面接に受かるコツといえます。

自分の持つスキルに最適なバイトを探そう

夏休みの短期バイトの面接に受かりたいなら、自分がどれだけテキパキと仕事をこなせるのかをしっかりとアピールしてください。そして、周囲の人とのコミュニケーションもよく取れる自信があることを話しましょう。短期のバイトだからいい加減にこなそうとするような姿勢は見せないほうがいいです。また、自分の持つスキルに最適なバイトを選べば面接にも受かりやすくなります。たとえば、看護師の資格があるならプールの保健室などで働くのもいいですね。

リゾートバイトは夏などの旅行者が増えるような時期に大量に募集をしており、学生などが長期の休みを使って稼ぐのに最適です。