飲食店のアルバイトに受かりやすいアピールポイント3選

前職が暇すぎて忙しい方が良い

暇すぎて困るアルバイトも中にはあるようで、例えばバイト先によっては深夜勤務をしていると、お客さんが全然来なくて暇というところもあります。そういうバイトを経験していると、むしろ忙しい方が良いというのもある程度納得がいきます。飲食店は忙しいというイメージがありますから、暇すぎて困っていたような人は、ある程度忙しいくらいならばやりがいを感じて頑張ってくれるのでは?と面接官も思ってくれるかもしれません。そういった理由で有利になるかもしれないのです。

接客経験が豊富や接客が好き

飲食店のバイトは接客の機会が多いですから、接客に慣れている人やそれ自体が好きな人はアピールポイントに成り得るでしょう。接客は経験を積めばある程度はものになると思いますから、未経験がダメなわけではないですが、中にはあまり戦力にならない人もいるわけですから、すでに経験がある人は戦力ならない確率が少しは下がるでしょう。また、接客が嫌いな人はまず務まらないので、接客の仕事自体が好きな人は、それだけ向いている面もあると思いますね。

遅い時間帯も問題なく働ける

飲食店は24時間ずっと営業しているところが増えてきたため、遅い時間帯に働いてくれるバイトを探すのも一苦労です。やっぱり昼間や夜と比べると、深夜から朝にかけて働いても良いという人は多くないと思うので、もしそういった時間帯に働けるという人がきたら、採用のハードルはちょっと下がるかもしれません。学生とかはなかなか深夜勤務は無理ですから、やっぱりできる人が限られてきてしまうために、それが現実的に可能な人は少ないので、もし現れたら、その人は多少有利になるかもしれないのです。

仙台での飲食店なら求人では夜遅くまで勤務するところがありますが、時間帯に応じて時給をアップしてくれます。